ノイについて

のいって何者?

大人になって霊感が鋭くなり、霊の存在が見えるようになりました

お盆になると、死んだ人の霊がたくさん見える。

おじいちゃんの命日には、夢に現れ、現実には怪奇現象が起こる。

 

また、スピリチュアルのパワーを手に入れてから、恋愛、仕事、人間関係思い通りに動かせるようになりました

好きな人ができても、片思いで終わる。

付き合ったとしても、3ヶ月で終わる。

学生時代のバイトでは、物覚えが悪く、鈍臭くて不器用で、新人の方が僕より仕事ができてしまう、なんてことも。

幼少期から、友達ができても長続きせず、新しい友達ができてもすぐまた別の友達と仲良くなって、上辺だけ良くて、信頼できる友達はゼロ。

小学校、中学校で仲良かった友達は、今はもう連絡すら取れない状態。

そんな僕でも、引き寄せの法則を理解して、スピリチュアルのパワーを使えるようになってからは、

人生が激変していき、思い通りの人生を生きられるようになったのです。

 

僕、品川のいを一言で語ると、

『スピリチュアルパワーで生きる人間』です。

以前ある記者の方から、

「ノイさんのパワーの秘密を教えてください」

《この人、ランボルギーニに乗って、綺麗な奥さんを手に入れ、お金も恋愛も人生の幸せ全て手にれたのには、きっと何か特別な秘密があるはずだ》

そんな意図がみえみえの質問だったんですけど、

僕は、

「そんなものはないです。ただ…

感謝を伝えるだけです」

と答えました。

ここまで『幸せいっぱい』の人生を送れるようになったのは

僕の生い立ちに何か関係があるのかも知れません。

父が勤めていた会社で給料が4ヶ月ほど滞納された時があり、そのまま給料が支払われることなく社長が飛ぶと言うことがあり、家族は貧しい暮らしを余儀なくされたことがありました。

それから父は転職を何度か繰り返し、わずかな給料で家計を支えるも、両親はお金のことで苦しみ続けている姿を何度も目にして育ってきました。

しかし両親は、今の人生を幸せに感じていたのです。

それは、

「お金がなくても、家族がいるから幸せ。愛があれば人生は幸せになれる」

「家族がいるから頑張れる。愛があるから頑張れる」

お金は無いよりある方がいいです。

僕は両親から、愛という幸せを教わりました。

僕は、人生を幸せにする『愛』を教えてもらい、両親には感謝の気持ちでいっぱいです。

大切に育ててくれた両親に恩返ししたいと思い、僕は起業して、毎月10万円の仕送りをしました。

仕送りという形で恩返しをして、

さあ、ここから自分の幸せを見つけにいこうと思った矢先、

とんでもない事が起きてしまいました。

 

起業して仕事も軌道に乗っていたはずでしたが、ずっと思い通りに上手くいくはずもなく、

借金は1000万円近くにまでなってしまいました。

 

少し話はそれますが、その大きな額の借金をしたとき、僕には彼女がいました

その時の僕を支えてくれた彼女には、今でも感謝しております。

 

話を戻しますと。

その後の僕はというと、

また、自分の人生で幸せを手に入れるために、どん底から這い上がろうと必死になりました。

 

借金1000万は最悪な状況でしたが、

唯一の救いは彼女の支えで

「愛があれば、どんな苦難も乗り越えられる」

ってことを目の当たりできたことです。

 

その後、彼女の心の支えもあり、
借金は完済する事ができました。

今では、事業も軌道に乗って
大きな会社の社長として
経営者を続ける事ができています。

 

昨年はここ数年1億もの大金を売り上げ、
26歳にして立派な社長となれました。

夢だったランボルギーニにも乗れて
毎日が幸せです。

 

ここまで書いて、僕の『パワーの秘密』がひとつだけ思い浮かびました。

それは・・・

ありがとうを伝える事

 

僕はよく、
「感謝の魔法とは何ですか?」と
質問を受けます。

僕か必ずこう答えます。

 

“ありがとう”という言葉は、人に魔法をかけることと同じです。

人に感謝の気持ちを伝えることで、“愛”という恩が返ってくるのです。

 

『報恩謝徳』という四字熟語があります。

恩を受けたことに感謝して、恩を報いようとすることです。

 

もらった恩は返すのが当たり前って思っている人が日本人には多いと思いますが、

でも実際、『してあげた恩が返ってきてない』って人、結構いるのではないでしょうか?

 

何かしてあげる→感謝される

 

みなさん、これが当然のことと思ってませんか?

してあげて感謝されることを当たり前と思っていませんか?

 

僕は、この思い込みで生きている人が、よく人と喧嘩するのをたくさん見てきました。

だったら一度、こう考えてみたらどうでしょう??

 

感謝する→何かしてもらう

 

“ありがとう”って感謝されると、また何かしてあげようと思いませんか?

何かしてあげて、感謝されるのが当たり前だと思い、恩返しされることを期待するから、メンタルが苦しくなるのです。

だから先に、“ありがとう”の感謝を先に伝えたら?

 

少なくとも、嫌な思いをするリスクはグッと減ると思いませんか?

 

僕は“ありがとう”の感謝が大好きです。

誰かに何かをしてあげれば、“ありがとう”って言ってもらえます。

誰かに何かしてもらうことも“ありがたい”ことですよね。

 

僕はご先祖様にも感謝の気持ちを伝えます。

そうすると、ご先祖様からパワーをもらえるのです。

 

僕が夢であったランボルギーニを手に入れられたのは、ご先祖様からパワーを頂けたからです。

 

こういった、スピリチュアルのパワーのすばらしさを世に広めるために、僕は今、活動しています。

興味のある方は、是非このブログを隅々まで読んでいってください。